ホーム > 個人住民税年特の見直しについて

ここから本文です。

更新日:2018年1月1日

個人住民税年特の見直しについて

(1)仮特別徴収税額の計算方法

平成28年10月1日以降の特別徴収分について、仮特別徴収税額(4月、6月、8月に支給される公的年金から天引きされる税額)と特別徴収税額(10月、12月、翌年2月に支給される公的年金から天引きされる税額)の不均衡を解消するため、仮徴収税額が前年度の特別徴収税額(年税額)の2分の1に相当する額に改正されました。

 

年金特別徴収イメージ
算出方法
現行 仮徴収 4月 前年の本徴収額×2分の1(前年2月と同じ額)ずつ 本徴収 10月 (年税額-仮徴収額)×3分の1ずつ
6月 12月
8月 2月
改正後 仮徴収 4月 (前年の年税額×2分の1)×3分の1ずつ 本徴収 10月 (年税額-仮徴収額)×3分の1ずつ
6月 12月
8月 2月

 

(2)町外に転出した場合における特別徴収の継続

これまでは町外に転出した場合は、年金からの特別徴収を停止していましたが、平成28年10月1日以降は、転出された年度の特別徴収を継続し、転出した期間に応じ、翌年度の本徴収または仮徴収が停止されます。

 

(3)税額変更があった場合の特別徴収継続

これまでは税額決定後に税額の変更が生じた場合に、特別徴収を停止していましたが、平成28年10月1日以降は、12月分もしくは2月分の特別徴収税額を変更できるときは、特別徴収を継続します。

お問い合わせ

所属グループ:播磨町税務グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-0358

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?