ここから本文です。

更新日:2019年5月1日

通知カード

通知カードについて(マイナンバー)

平成27年10月5日に、行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)が施行されたことに伴い、住民票を有する方には、数字12桁のマイナンバー(個人番号)が付番されるようになりました。付番された方へは、マイナンバーが記載してある通知カードを住民票の住所に簡易書留(転送不可)で送付します。

通知カードは、各種行政手続きでマイナンバーを提示する際及び個人番号カードの交付申請に使用します。

マイナンバーを提示する際は、通知カードと本人確認書類を併せてご提示ください。

通知カードの送付について 

  • 平成27年10月5日時点で作成された『通知カード』は、播磨町では、平成27年11月下旬から12月中旬を目処に、転送不要の簡易書留にて世帯単位で順次郵送されました。この封筒には、『通知カード』と『個人番号カード交付申請書』が一体となった書類、返信用封筒、説明書が入っていますので、お受け取りになりましたら、大切に保管してください。
  • 出生や国外転入等により、平成27年10月5日以降、初めて住民票を作られた方の通知カードは、戸籍届出や住民異動届出以降、随時、個人単位で地方公共団体情報システム機構(J-LIS)から簡易書留(転送不可)にて送付されます。 

※以下、送付する通知カード(上部)と個人番号カード交付申請書(下部)の見本です。キリトリ線に沿って、切り離してご使用ください。

【郵送書類(表面)】

通知カード郵送書類(表面)

【郵送書類(裏面)】

通知カード郵送書類(裏面)

通知カードの様式について

マイナンバー、氏名(外国人住民は通称名含む)、住所、生年月日、性別が記載された紙製のカードです。身分証明書としては使用できません。また、有効期限はありませんが、個人番号カードを取得された場合や国外に転出される場合は、返納していただきます。

【通知カード(表面)】

通知カード(表面)

【通知カード(裏面)】

通知カード(裏面)

役場へ通知カードが返戻された場合の受け取り方法について

  • 郵便局の不在連絡票が投函されてから保管期間(7日間)を経過した場合、郵便局の転送サービスを利用されている場合、または、あて所が不明な場合、通知カードは役場へ返戻されることとなります。返戻後、住民票の異動がないかどうか確認を行うなど、職員により整理作業を行います。
  • 整理作業の後、通知カードが返戻された旨をお伝えする通知を転送可の普通郵便でお送りします。通知が届いた後に、役場住民グループの窓口まで受け取りにお越しください

受け取り時に必要なもの

世帯主または同一世帯人が受け取る場合

  • 返戻通知文(返戻通知文及び別紙の受領書)
  • 受け取りに来られた方の本人確認書類(下表参照)

同一世帯人以外の代理人が受け取る場合

  • 返戻通知文(返戻通知文及び別紙の受領書)
  • 封筒の表に記載のある「世帯主」の本人確認書類(下表参照)
    ※世帯主が10月5日以降に転出、転居された、または、亡くなられたのち、新たにその世帯の世帯主になられた方の本人確認書類
  • 代理人の本人確認書類(下表参照)
  • 委任状(代理人選任届)

※法定代理人(親権者)の場合:戸籍謄本(本籍地が播磨町の場合は不要)

※成年後見人の場合:登記事項証明書など

本人確認書類について

『Aから1点』または『Bのイから2点』または『Bのイから1点+Bのロから1点』持参してください。

本人確認書類はいずれも原本の持参が必要です。

本人確認書類

A

(1点でよいもの)

運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、療育手帳、在留カード(顔写真付き)、特別永住者証明書(顔写真付き)、住民基本台帳カード(顔写真付き)、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)など官公署が発行した顔写真付きの証明書

B

(2点必要なもの)

健康保険被保険者証(社会保険、国民健康保険、後期高齢者医療保険、介護保険、共済組合組合員証など)、各種医療受給者証、年金手帳、年金証書、生活保護受給者証、児童(特別児童)扶養手当証書など官公署が発行した証明書

2点目として

「氏名+生年月日」または「氏名+住所」の記載があるもの

社員証(顔写真付き)、学生証(顔写真付き)、公共料金の領収書など

 

※有効期間のあるものは、有効期限内に限ります。

通知カードの記載項目の変更について

住所変更や氏名変更により、通知カードの記載項目に変更が生じた場合は、役場住民グループにお届けください。職員がカードに変更内容を裏書します。

本人または同一世帯員が届け出る場合

変更があった本人の通知カードを持参ください。

同一世帯員以外の代理人が届け出る場合

任意代理人の場合

変更があった本人の通知カード、委任状(代理人選任届)、任意代理人の本人確認書類(上記参照)を持参ください。

法定代理人(親権者、成年後見人)の場合

変更があった本人の通知カード、戸籍謄本(播磨町に本籍がある場合は不要)、成年後見登記事項証明書など、法定代理人の本人確認書類(上記参照)を持参ください。

通知カード表面記載事項変更届(PDF:31KB)

委任状(代理人選任届)(PDF:41KB)

※また、裏面が満欄の場合は、再交付の手続きが必要となります。お持ちの通知カードを回収させていただき、再発行後の新しい通知カードは、後日、簡易書留(転送不可)にて送付いたしますので、ご了承ください。

通知カード返納(返却)について

以下の場合、通知カードを返納する必要があります。

  • 個人番号カードの交付を受けようとする場合
  • マイナンバー(個人番号)を変更した場合
  • 通知カードの再交付を受けたあと、紛失した通知カードを発見した場合
  • 国外に転出した場合
  • 住民票が削除された場合(国内での転出・死亡した場合等を除く)

必要な書類等

本人または同一世帯員が届け出る場合

  • 通知カード
  • 本人確認書類(上記参照)

上記以外の代理人が届け出る場合

  • 通知カード
  • 代理人の本人確認書類(上記参照)
  • 代理人の代理権を証明する書類

・任意代理人の場合

 ・法定代理人(親権者)である場合

 戸籍謄本(住民票上同一世帯又は本籍が播磨町の場合は不要)

 ・法定代理人(成年後見人)である場合

 登記事項証明書など

※返納された通知カードは、役場が物理的に廃棄します。ただし、国外転出により通知カードの返納を受けた場合には、通知カードの追記欄等に転出届の年月日及び「国外転出により返納」等記載し、職員を押したうえで、返納した者に還付します。

通知カードの再交付について

通知カードの再交付は、以下の場合に申請することができます。

  • 通知カードを紛失し、焼失し、又は著しく損傷した場合
  • 通知カードの追記欄の余白がなくなった場合
  • 国外転出等により通知カードを返納した後、国内転入等により市町村の備える住民基本台帳に記録された場合
  • 任意に個人番号カードを返納した場合
  • 個人番号カードを紛失し、焼失し、著しく損傷したとき又は個人番号カードの機能が損なわれた場合で、個人番号カードの再交付を求めない場合
  • 個人番号カードの追記欄の余白がなくなった場合で、個人番号カードの再交付を求めない場合

※通知カードの発行は、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が行うため、即日発行はできません。後日、J-LISより、原則住民票の住所に簡易書留(転送不可)で送付します。至急、マイナンバーの確認が必要な方は、マイナンバーが記載された住民票の写しもしくは住民票記載事項証明書を取得してください。

必要な書類等

本人が届け出る場合

・遺失届を届け出た警察署及びその連絡先並びに遺失届受理番号が記載された通知カード紛失届(PDF:38KB)

・消防署又は市町村の発行する罹災証明書

・上記のいずれも提出が困難な場合は、紛失又は焼失の経緯を記載した書類

自宅内で通知カードを紛失された方は、紛失等の経緯を記入していただきます。

  • 本人確認書類(上記参照)
  • 手数料 500円(申請時に徴収します。)

 ※下記のいずれかに該当する場合は、手数料が無料になります。

 ・通知カードの追記欄の余白がなくなった場合

 ・個人番号、住民票コードの変更に基づき返納した後の再交付の場合

 ・国外転出による返納後の再交付の場合

本人以外の代理人が届け出る場合

上記すべての書類に加え、以下のものが必要になります。

  • 代理人の本人確認書類(上記参照)
  • 代理人の代理権を証明する書類

 ・任意代理人の場合

 ・法定代理人(親権者)である場合

 戸籍謄本(住民票上同一世帯又は本籍が播磨町の場合は不要)

 ・法定代理人(成年後見人)である場合

 登記事項証明書など

マイナンバー(個人番号)の変更について

マイナンバーは、原則として一生変更することができません。ただし、「マイナンバーが漏えいして不正に用いられる恐れがあると認められるとき」に限り、従前のマイナンバーに変わるマイナンバーの指定を町に対して申請することができ、申請内容を審査した結果、該当すると認められた場合はマイナンバーの指定を受けることができます。

この手続きでは、厳格な本人確認を行い、必要により「マイナンバーが漏えいして不正に用いられる恐れ」があることを疎明する書類の提示を求める場合があります。このような事情がある場合は、まず住民グループ戸籍チームへご相談ください。

マイナンバー制度をかたった不審な電話や訪問にご注意ください

マイナンバー制度をかたりマイナンバーや個人情報などを聞き出そうとする事件が他市町で発生しています。

マイナンバーを電話や訪問で聞くことはありません。

国や自治体などの公的機関やまったく知らない会社などから電話などでマイナンバーを聞かれることはありません。また、マイナンバー制度をかたり家族構成や資産などに関する個人情報を聞かれることもありません。

怪しいと感じたら、マイナンバーを教えたり、個人情報を話したりすることがないようご注意ください。

不審な電話や訪問がありましたら、下記の連絡先までご連絡ください。

警察相談電話

♯9110

播磨町マイナンバー専用番号

079-437-7041

外国語による案内チラシ

関連リンク

ホームページ「個人番号カード総合サイト」(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

マイナンバー総合フリーダイヤル【国】(マイナンバー制度全般)

日本語のフリーダイヤル(無料)

0120-95-0178

外国語のフリーダイヤル(無料)

マイナンバー制度に関すること

0120-0178-26

「通知カード」「個人番号カード」に関すること

0120-0178-27

平日9時30分~20時00分

土日祝日9時30分~17時30分

(12月29日~1月3日を除く)

個人番号カードコールセンター【国】(通知カード・個人番号カード全般)

0570-783-578(日本語)

0570-064-738(外国語)

平日8時30分~20時00分

土日祝日9時30分~17時30分

(12月29日~1月3日を除く)

播磨町マイナンバー専用番号(通知カードの受け取り・個人番号カードの申請・交付)

079-437-7041

平日9時00分~17時00分

つながらない場合は、079-435-2363

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属グループ:播磨町住民グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-2363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?