ここから本文です。

更新日:2020年9月11日

印鑑登録

印鑑の登録資格が見直されました

「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律」の施行に伴う総務省の「印鑑登録証明事務処理要領」の改正を受け、本町の印鑑条例の登録資格が改正されました。

成年被後見人ご本人が窓口にお越しいただき、かつ法定代理人(成年後見人)が同行している場合に限り、成年後見人の方が印鑑登録することが可能となります。

必要書類のほか詳しい手続き方法については、お問い合わせください。

印鑑登録ができる方

  • 播磨町の住民基本台帳に記録されている方
  • 15歳未満の方および意思能力を有しない方は登録できません。

印鑑登録の申請

印鑑登録手数料は無料で、登録された方には印鑑登録証を交付します。
なお、印鑑登録を廃止したいとき、印鑑登録証や登録されている印鑑を紛失・汚損・き損した場合は、すみやかに届出てください。
登録者が転出・死亡・氏名の変更があった場合もすみやかに印鑑登録証を返還してください。

登録できない印鑑

  • 住民票に記載されている氏名、氏または名で表されていないもの
  • 職業など他の事項を合わせてあらわしているもの
  • 印鑑の照合が困難と認められるもの
  • 印影の大きさが、一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるものまたは一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの
  • 登録申請が本人の意思によらないと認められるもの
  • ゴム印その他印形の変化しやすいと認められるもの
  • すでに他の者が登録している印影のもの
  • その他登録することが適当でないと認められるもの

印鑑登録申請手続き

本人が申請する場合

(照会書方式)

  1. 登録する印鑑を持参して登録申請する
  2. 自宅に「照会回答書」が郵送される
    (ア)本人が「照会回答書」を持参する場合
    本人が記入し、登録申請印鑑を押印した「照会回答書」および本人の確認書類を窓口へ持参する。
    (イ)代理人が「照会回答書」を持参する場合
    登録する本人が記入し、登録申請印鑑を押印した「照会回答書(代理人選任届欄の記入も必要)」および代理人の本人の確認書類を窓口へ持参する。
    本人確認書類の種類についてはこちら

(身分証明書方式)

登録する印鑑を持参して登録申請をする
官公署が発行した写真つきの身分証明書(運転免許証・パスポート・個人番号(マイナンバー)カード・住民基本台帳カードなど)により本人確認。

代理人が申請する場合

(照会書方式)

  1. 登録する印鑑と登録する本人が自署した「委任状」および代理人の印鑑を持参して登録申請する。
  2. 自宅に「照会回答書」が郵送される
    (ア)本人が「照会回答書」を持参する場合
    本人が記入し、登録申請印鑑を押印した「照会回答書」および本人の確認書類を窓口へ持参する。
    (イ)代理人が「照会回答書」を持参する場合
    登録する本人が記入し、登録申請印鑑を押印した「照会回答書(代理人選任届欄の記入も必要)」および代理人の本人の確認書類を窓口へ持参する。
    本人確認書類の種類についてはこちら

お問い合わせ

所属グループ:播磨町住民グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-2363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?