ホーム > 暮らし > 上水道・下水道 > 排水設備工事 > 排水設備工事の手続き

ここから本文です。

更新日:2020年7月6日

排水設備工事の手続き

下水道が完成しますと、皆さんには、排水設備工事をしていただくことになります。

ここでは排水設備工事の手続きの流れなどを説明します。

ご理解とご協力をお願いします。

排水設備工事

各家庭の汚水は、下水道へ流すことが義務づけられます。そのため、汚水を下水道に流すための排水施設(これを排水設備といいます。)を設置していただかなければなりません。排水設備の工事は、町の指定工事店が施工し、その費用は個人負担となります。

播磨町の下水道は汚水と雨水を別々に処理する分流式ですので、排水設備も汚水と雨水を別々に流すように工事していただく必要があります。万一間違った工事をされますと、大雨の時に処理場の働きが悪くなったり、水路や川に直接汚水が流れ、環境衛生を悪くするもとになります。

排水設備のしくみ

くみ取り便所の水洗化

くみ取り便所は、3年以内に水洗便所に改造することが義務づけられています。

し尿浄化槽の廃止

し尿浄化槽による水洗トイレをご使用の場合も、すみやかに下水道への切替工事を実施してください。

工事の手続き

1.工事の申し込み

指定工事店へ依頼してください。

2.現地調査と見積もり

指定工事店が見積もりします。

3.工事の計画確認申請

指定工事店が書類を作成し手続きを代行します。助成金交付申請、融資あっせん申請も同時に行います。

4.申請書の審査・承認

基準どおりに設計されているか確認します。

5.工事の施工

トイレが使えないのは1日程度です。

6.工事完了届

指定工事店が書類を作成し手続きを代行します。

7.工事完了検査

町職員が各戸を訪問し、検査します。

8.工事費の支払い

工事例(工事前) 工事例(工事後)

工事の費用

工事費用は、宅地の形状、便所や台所などの位置、土間コンクリートの復旧の有無、各種機器の移設など、各工事により条件が違うため、一定ではありません。また、指定工事店により工事費用が違いますので数社見積もりを取って検討してください。

参考として平成25年度に施工した工事実績の平均は、次の通りです。

  • くみ取り便所を改造する場合:約35万円
  • 浄化槽を廃止する場合:約25万円

関連情報

お問い合わせ

所属グループ:播磨町上下水道グループ

電話番号:079-435-2373

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?