ホーム > 観光・文化・スポーツ > 歴史・文化財 > 町内の指定文化財・登録文化財一覧 > 町指定文化財 ガラス板写真(ヒコとヴァン・リード)

ここから本文です。

更新日:2022年3月14日

町指定文化財:ガラス板写真(ヒコとヴァン・リード)

町指定・歴史資料

指定名称:ガラス板写真1枚(ヒコとヴァン・リード)

所在地:大中1丁目1-2(郷土資料館)

garasuita

ブルック艦長のもとで近海測量艦長付き書記としてハワイへ出帆する直前に、友人のヴァンリードと記念に撮った写真で、右がヒコで20歳でした。ヒコの帰国を知った義兄が、郷里からはるばる神奈川まで面会に来たとき、ヒコはお土産としてアメリカの新聞と貨幣、ヴァンリードと写した写真を渡しました。その写真が郷里(播州)で評判となり、大坂町奉行所に呼び出され、写真は一時預かりとなりました。半年後、「家族以外に絶対見せてはならない」と言い渡されてようやく返されています。

ジョセフ・ヒコの解説

お問い合わせ

所属グループ:播磨町郷土資料館

住所:加古郡播磨町大中1丁目1番2号

電話番号:079-435-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?