ここから本文です。

更新日:2018年7月13日

町指定文化財 海外新聞

新聞誌 第一号 新聞誌 第二号 海外新聞 第六号

町指定:歴史資料

指定名称:新聞誌 第一号 1点

新聞誌 第弐号 1点

海外新聞 第六号 1点

所在地:大中1丁目1-2(郷土資料館)

shinnbunnshi

上記の新聞は、播磨町出身のジョセフ・ヒコが幕末に横浜で岸田吟香・本間清雄の協力を得て発行した、日本で最初の民間人による邦字紙。最初は『新聞誌』、第五号から『海外新聞』に改題する。

  • 『新聞誌』第一号は、木版刷り和半紙二つ折り六葉。10g。表紙は新聞誌とのみ印刷し、奥付にヒコのサインと百四十一番を手書きする。また、後書きには、「英国の飛脚舟ハ一月ニ二度ツ々ハ此港ニ来るものなれハ、便り有る度毎に速やかに出板し……」と、新聞の定期性とニュースの速報性に関心を払っている。
  • 『新聞誌』第二号は、木版刷り和半紙二つ折り七葉。12.5g。奥付のヒコのサインも木版になり、この号から丁数(六~十一)を記す。この号の後書には、童子之輩にも読なんことを欲すれハ……」と、子どもにも読まれる新聞、わかりやすい新聞づくりを宣言している。
  • 『海外新聞』第六号は、木版刷りの和半紙二つ折り六葉、10g。表紙は富士山と神奈川港の景色を藤蔓で囲む図で飾る。この号には、アメリカ国の南北戦争とリンカーン大統領暗殺の詳報とともに、ワシントンの町の情報も伝えている。
    日本に現存する新聞誌第一号と第二号の木版刷りはこれのみで、これら3点には元の所蔵者であろう「時習斎」の朱印が残っている。

お問い合わせ

所属グループ:播磨町郷土資料館

住所:加古郡播磨町大中1丁目1番2号

電話番号:079-435-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?