ここから本文です。

更新日:2018年1月1日

県指定文化財 愛宕塚古墳

県指定・史跡

指定名称:愛宕塚古墳(あたごづかこふん)

所在地:北野添2丁目1

愛宕塚古墳

愛宕塚古墳は、昭和55年から発掘調査が行われ、幅4~5mの堀をめぐらした直径21mの円墳であることがわかりました。遺物として、埴輪(壺形・朝顔形・円筒型)、ミニチュア土器が発見されましたが、死者の葬られている場所は発掘せず保存されています。古墳の形や出土した埴輪などから古墳時代の中ごろに築かれたものと推定されています。この古墳の南西約40mの所と東約80mの所に小さな古墳がありましたが、現在は残っていません。

お問い合わせ

所属グループ:播磨町郷土資料館

住所:加古郡播磨町大中1丁目1番2号

電話番号:079-435-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?