ここから本文です。

更新日:2018年1月1日

町指定文化財 古宮獅子舞

町指定・無形

指定名称:古宮獅子舞(こみやししまい)

所在地:古宮

古宮獅子舞

播州は獅子どころといわれていますが、当町に現存するのは古宮の獅子舞だけです。

この獅子舞は2人立ちで、伝承によれば、寛永の頃に古宮講の伊勢太神楽として

榎木大明神に法楽されたのに始まるといいます。毎年陰暦の9月23日に法楽されます。

「絡み役」は、狐の面をつけた童子と花笠をつけた少女などで、

舞には「狐」「汐汲み」「牡丹」など10の型があり、それぞれ笛、太鼓の囃子に合わせて

優雅に舞うのを特色としています。

お問い合わせ

所属グループ:播磨町郷土資料館

住所:加古郡播磨町大中1丁目1番2号

電話番号:079-435-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?