ここから本文です。

更新日:2018年1月1日

町指定文化財 内行花文鏡片

町指定・考古資料

指定名称:内行花文鏡片(ないこうかもんきょうへん) 1片

所在地:大中1丁目1-2(郷土資料館)

内行花文鏡片復元内行花文鏡

大中遺跡住居跡から出土し、中国の後漢時代に作られたと推定されます。

破片の長さは6.2cmで、復元すると鏡の直径が約21cmになります。意図的に割った上、片方を磨いて一直線にし、ひもを通して首にかけられるよう2つの穴をあけています。

考古学上、評価の高い貴重な資料です。

※郷土資料館にて展示(常設展)しています。こちらもご覧ください。

お問い合わせ

所属グループ:播磨町郷土資料館

住所:加古郡播磨町大中1丁目1番2号

電話番号:079-435-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?