ホーム > 防災・安全 > 防災 > 施策・計画 > 災害時応援協定等について > エバーホテルはりま加古川と災害協定を締結しました

ここから本文です。

更新日:2020年10月1日

エバーホテルはりま加古川と災害協定を締結しました

平成25年3月12日、播磨町はエバーホテルはりま加古川と「災害時における支援協力に関する協定書」と「津波等発生時における一時避難所としての使用に関する協定書」を締結しました。

それぞれの協定の内容は次のとおりです。

災害時における支援協力に関する協定の内容

  1. 災害に伴い発生した帰宅困難者が、一時的に滞在する臨時受入施設として、ホテルのロビー等を提供いただきます。
  2. 災害に係る対応を行うため、播磨町が必要と認めた要員が宿泊する場所として、客室を提供いただきます。
  3. 1及び2に付帯し、エバーホテルはりま加古川が入手した、災害に関する情報の提供等、実施可能なサービスを提供していただきます。

津波等発生時における一時避難所としての使用に関する協定の内容

津波避難ビルとして指定した範囲は、エバーホテルはりま加古川の3階以上の通路やエレベーターホールなどのスペースとそこにいたるまでの経路(外階段)となり、津波・洪水・高潮により被害が発生する恐れのあるときに使用することとしています。
なお、津波避難ビルに関する詳細は、下のリンクから「津波等発生時における一時避難所(津波避難ビル)の指定について」をご覧ください。

関連リンク

津波等発生時における一時避難所(津波避難ビル)の指定について

お問い合わせ

所属グループ:播磨町危機管理グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-0991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?