ホーム > 観光・文化・スポーツ > 歴史・文化財 > 大中遺跡 > 大中遺跡(播磨大中古代の村) 大中遺跡発見50周年

ここから本文です。

更新日:2018年1月1日

大中遺跡(播磨大中古代の村) 大中遺跡発見50周年

大中遺跡は、昭和37(1962)年6月、町内に住む3人の中学生によって発見され、昭和42(1967)年に国の史跡に指定されました。昭和47年から「播磨大中古代の村」として整備され、今では憩いの場として親しまれています。
大中遺跡は、弥生時代後期(約1900年前)の代表的な遺跡で、長さ500m、幅180mで、約70,000平方メートルの広さがあります。

これまでに全体の20%の面積を調査し、73軒の竪穴住居跡が見つかっています。見つかった住居跡の数から考えると、遺跡内には少なくとも250軒くらいの住居が建てられていたようです。当時、貴重品だった中国製の鏡(内行花文鏡片)が出土しているので、播磨では有力なムラでした。

「播磨大中古代の村」は、復元住居ばかりが目を引きますが、弥生時代に生えていた植物も復元されています。

竪穴住居

大中遺跡について詳しくはこちらをご覧ください。

大中遺跡の四季

大中遺跡の南(県立考古博物館の裏手)にある狐狸ヶ池(こりがいけ)

ガガブタという水生植物が、白い花を咲かせています。

とても小さな花ですが、大きな池の中で可憐に咲いています。

ガガブタ(7月4日撮影)

お問い合わせ

所属グループ:播磨町郷土資料館

住所:加古郡播磨町大中1丁目1番2号

電話番号:079-435-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?