ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 社会福祉 > 母子父子寡婦福祉資金貸付

ここから本文です。

更新日:2022年2月7日

母子父子寡婦福祉資金貸付

母子家庭及び父子家庭並びに寡婦の経済的自立、生活意欲の向上を図るための貸付制度があります。

対象者:母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦、40歳以上の配偶者のない女子、母子家庭の母または父子家庭の父が扶養する児童、寡婦が扶養する子、父母のない児童(20歳未満)

母子家庭の母、父子家庭の父とは、配偶者と死別や離別した女性または男性と、その扶養する20歳未満の児童からなる家庭をいいます。また、寡婦家庭とは、かつて母子家庭として児童を扶養していた家庭をいいます。

  1. 申請方法:貸付の申請には、母子父子自立支援員への相談が必要です。
  2. 貸付要件:保連帯証人1人(原則として、近くに居住している親戚で、保証能力のある方)
  3. 資金の種類:修学資金・就学支度資金・技能習得資金・生活資金など
  4. 償還方法:原則として月賦償還、口座振替払

資金の種類

  1. 修学資金:高校・大学などで修学するために必要な経費を貸し付ける資金です。
  2. 就学支度資金:高校・大学などの入学に必要な経費を貸し付ける資金です。
  3. 技能習得資金:母子家庭の母及び父子家庭の父並びに寡婦が、事業を開始または就職するために必要な知識技能を習得するときに必要な経費を貸し付ける資金です。
  4. 生活資金:母子家庭の母及び父子家庭の父並びに寡婦が、知識技能を習得している間または離職直後の生活を安定させるために必要な経費を貸し付ける資金です。

上記のほかに、事業開始資金、住宅資金、結婚資金など全部で12種類の貸付資金がありますので、詳しくは下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

部署:播磨町福祉保険部健康福祉課

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-0311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?