ここから本文です。

更新日:2021年7月21日

住民協働推進事業

この事業は、まちづくりに取り組む公益・非営利の法人や既に地域で活躍している住民活動団体(以下「まちづくり活動団体」という。)から、専門性・柔軟性等を生かした地域やまちの公益のための活動の提案を募集し、まちづくり活動団体と町の協働事業として実施することを目的としています。

令和3年度住民協働推進事業について

令和3年6月21日(月曜日)に開催された住民協働推進事業運営委員会において、下記の団体を今年度活動団体として選定しました。

「チームW・研修センター」

事業名「文字による対話サポーター養成事業(第3期)」

誰ひとり音声情報から取り残されることのない共生社会を目指し、播磨町から発信する。
昨年(2期)に引き続き、手書きのポイントテイク・PC連携入力、音声アプリの活用を学ぶコースに加え、今期は、失敗しないハイブリット会議(会場参加者とwebを介しての参加者)のノウハウ・配信機材等の活用法を学ぶコースを新設し、社会の変化に対応できる対話サポーターの育成に取り組む。

町連携グループ生涯学習グループ

「特定非営利活動法人文化・福祉・人権サポートアエソン」

事業名「発達障害の理解とかかわり方を当事者家族から発信するペアレントメンター養成事業(第2期)」

発達障害のある子どもの家族に、必要な情報提供やお互いに相談ができる場が継続して必要です。その場を通じて、お互いが支え合うネットワークの構築と、啓発隊の創設をめざします。啓発隊は、当事者家族が学んだ、発達障害とそのかかわり方、環境づくりなどの情報を、学校や福祉、医療、そして教育に関わるすべての地域関係者、住民に向けて発信し、障がいの有無にかかわらず誰もが暮らしやすいまちづくりめざし活動します。

町連携グループすこやか環境グループ

 

お問い合わせ

所属グループ:播磨町企画グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-0356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?