ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者福祉 > 障がい者福祉に関する情報 > 新型コロナウイルスの感染拡大を予防する新たな生活様式のもとでの障がいのある人への配慮について

ここから本文です。

更新日:2022年3月7日

新型コロナウイルスの感染拡大を予防する新たな生活様式のもとでの障がいのある人への配慮について

新型コロナウイルスの感染拡大の予防と日常生活の両立を図るため、3密の回避や身体的距離の確保、マスクの着用など、新たな生活様式が定着しつつあります。

しかし、それに伴い障がいのある人の中には、その障害の特性が理由で、不安や不便を感じている人も少なくありません。

新たな生活様式の実践が難しい人がいらっしゃることについて、皆様のご理解をお願いするとともに、お困りの人がいらっしゃいましたら、あたたかな声掛けや配慮をお願いします。

「新たな生活様式」を実践することが難しい事例など

視覚障害がある人の中には

  • 人との距離を保つために貼ってあるテープなどが見えず、意図せず人に近づいてしまうことがあります。
  • 掲示物が見えないため、注意事項が確認できないことがあります。
  • 外出時、ガイドヘルパーの肩や肘に触れるなど、密着の状態で移動する必要があります。

聴覚障害がある人の中には

  • 相手がマスクをつけていると、表情や口の動きが見えずに、コミュニケーションが難しいことがあります。
  • 感染防止のため設置しているビニールカーテンでも、相手の表情や口の動きが隠れて見えにくくなることがあります。

知的障害や発達障害がある人の中には

  • 新型コロナウイルスに関する状況が理解できない、または感覚過敏などにより、マスクが着用できない人がいます。
  • マスクにより表情が見えないことに不安を覚え、家族や支援者がマスクをすることを嫌がることもあります。

ヘルプマークの普及に取り組んでいます

播磨町では、外見ではわかりにくくても配慮が必要であることを示すヘルプマークを交付しています。ヘルプマークをつけている人が困っているようであれば、声をかけるなど、思いやりを持った行動をお願いします。

ヘルプマーク・ヘルプカードについて

兵庫県)コロナ禍における障害特性の理解促進に向けたユニバーサル動画(2種)の公開

兵庫県では、コロナ禍で一層困難を抱える障がい者の生活について、県民の皆さまに理解を求め、ユニバーサル社会づくりの意識醸成を図ることを目的に、動画を制作しています。

以下のリンク先から、ご覧ください。

兵庫県)コロナ禍における障害特性の理解促進に向けたユニバーサル動画(2種)の公開ページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属グループ:播磨町福祉グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-2361

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?