ここから本文です。

更新日:2022年7月27日

特定不妊治療費助成事業

体外受精及び顕微授精の特定不妊治療を受けられたご夫婦に対し、経済的な負担の軽減を図るため、播磨町では治療費の助成を行います。

令和4(2022)年4月1日より、医療保険が適用になったことに伴い、兵庫県の助成はなくなりましたが、経過措置により兵庫県の助成を受けられる方は、従来通り兵庫県と播磨町の両方の助成を受けることができます。

令和4(2022)年4月1日以降に治療を開始した方(保険適用)

図

助成対象者

下記のすべてに該当している方が対象となります。

  1. 法律上の婚姻又は事実婚の関係にある夫婦であって、助成を受けようとする特定不妊治療をした期間及び助成の申請日において、夫婦ともに播磨町に住所を有していること
  2. 助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること(※令和4(2022)年4月2日から同年9月30日までの間に40歳の誕生日を迎える方については、40歳になってからでも、同期間中に治療を開始したのであれば、回数制限の上限は通算6回となります。また、同期間内に43歳の誕生日を迎える方については、43歳になってからでも、同期間中に治療を開始したのであれば、1回の治療(採卵~胚移植までの一連の治療)に限り助成します。)
  3. 町税を滞納していないこと
  4. 助成を受けようとする特定不妊治療に要する費用について、他の地方公共団体及び医療保険各法の保険者独自の助成を受けていないこと
  5. 各種健康保険に加入していること
  6. 申請する治療期間において、兵庫県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業による助成を受けていないこと

助成額

1回あたり上限5万円

(ただし、以前に凍結した胚を解凍して胚移植をした場合(治療ステージC)、採卵したが卵が得られない又は状態のよい卵が得られないため中止した場合(治療ステージF)については、上限2万5千円とします。また、治療ステージCを除き、男性不妊治療を行った場合は、追加で上限50,000円とします。)

注意事項

高額療養費制度の自己負担額を超えた額を控除します。

助成回数

下記の年齢に応じた回数

初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満

助成回数は6回まで※出産・死産した場合はリセットできます。

初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳以上43歳未満

助成回数は3回まで※出産・死産した場合はリセットできます。

申請受付期限

治療が終了した日から6か月以内

手続きに必要なもの

  1. 播磨町特定不妊治療費助成事業申請書兼請求書
  2. 播磨町特定不妊治療費助成事業受診等証明書
  3. 医療機関が発行した領収書・明細書の原本
  4. 夫婦それぞれの朱肉を使う印鑑
  5. 通帳等の振込口座のわかるもの
  6. 夫婦それぞれの健康保険証の写し
  7. (高額療養費制度)限度額適用認定証(事前に申請していること)
  8. 事実婚の関係にある場合、戸籍謄本及び事実婚関係に関する申立書
  9. 夫婦が別々の住所を有している場合、戸籍謄本
  10. リセットの場合、死産届の写し、母子健康手帳「出産の状態」のページの写し、死産証書、死産検案書等のいずれか

注意事項

追加資料が必要な場合がありますので、手続きの前に一度すこやか環境グループまでお越しください。

令和4(2022)年3月31日以前に治療を開始し、兵庫県の助成を受ける方(経過措置対象者)

助成対象者

下記のすべてに該当している方が対象となります。

  1. 法律上の婚姻又は事実婚の関係にある夫婦であって、助成を受けようとする特定不妊治療をした期間及び助成の申請日において、夫婦ともに播磨町に住所を有していること
  2. 県要綱の規定に基づく助成の決定を受け、かつ、兵庫県以外の地方公共団体から特定不妊治療費の助成を受けていないこと
  3. 申請にかかる特定不妊治療費について、兵庫県独自の追加助成のみの助成を受けていないこと
  4. 町税を滞納していないこと
  5. 助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること(※特例措置あり)
  6. 兵庫県特定不妊治療費助成事業実施要綱の規定による、経過措置対象者であること

助成対象範囲

兵庫県特定不妊治療費助成事業実施要綱の規定に同じ

助成額

兵庫県特定不妊治療費助成事業実施要綱に基づく1回あたりの助成額を控除した額とし、1回あたり上限10万円とします。(ただし、以前に凍結した胚を解凍して胚移植をした場合、採卵したが卵が得られない又は状態のよい卵が得られないため中止した場合については、上限5万円とします。)

注意事項

1回あたりの治療費が30万円以下の場合は、兵庫県助成のみとなります。(ただし、以前に凍結した胚を解凍して胚移植をした場合、採卵したが卵が得られない又は状態のよい卵が得られないため中止した場合については、1回あたりの治療費が10万円以下の場合は、兵庫県助成のみとなります。)

指定医療機関

兵庫県知事が特定不妊治療を実施する医療機関として適当と認めた医療機関

申請受付期限

兵庫県特定不妊治療費助成事業実施要綱の規定に基づく助成の決定を受けた日から起算して3か月以内

手続きに必要なもの

  1. 播磨町特定不妊治療費助成事業申請書兼請求書
  2. 兵庫県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書
  3. 播磨町特定不妊治療費助成事業受診等証明書又は、兵庫県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  4. 指定医療機関が発行した領収書の原本
  5. 夫婦それぞれの朱肉を使う印鑑
  6. 通帳等の振込口座のわかるもの
  7. 事実婚の関係にある場合、事実婚関係に関する申立書

注意事項

追加資料が必要な場合がありますので、手続きの前に一度すこやか環境グループまでお越しください。

関連リンク

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属グループ:播磨町すこやか環境グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-2611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?