ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

こどもが生まれたら

新生児訪問

かわいい赤ちゃんとの生活が始まると同時に、いろいろな不安や心配がでてくることもあります。助産師または保健師が訪問し、アドバイスをします。

訪問を希望される方は、こども窓口にご連絡ください。

こども窓口079-435-0366

産後ヘルパー派遣

産後1か月頃までは、出産の疲れと慣れない生活で、お母さんの心と体は最も大変な時です。この時期にホームヘルパーを派遣し、産後のお母さんを支援します。

対象者

産後1か月以内で、家族などから十分な家事や育児の援助を受けられない人

内容

  • 育児援助(授乳の準備や片付け・おむつ交換・沐浴介助など)
  • 家事援助(調理・洗濯・掃除・買い物など)

援助内容は、日常的な内容に限ります。

派遣期間

月曜日から金曜日まで(祝日は除く)の、午前8時から午後6時まで。

1日に2回まで、1回につき2時間以内(通算40時間以内)。

費用

ホームヘルパー派遣1時間あたり500円。

ただし町民税非課税世帯は200円、生活保護世帯は0円。

費用は1時間単位のため、1時間未満の利用でも上記の料金になります。

申し込み

こども窓口に申請してください。

申請は出産後にしていただきますが、ご利用を検討されている方は、妊娠中に事前にご相談ください。

こども窓口079-435-0366

持ち物

注意事項

  • きょうだいの幼稚園・保育所などへの送迎はできません。送迎をご希望の方は「ファミリーサポート制度」をご利用ください。
  • 保護者不在中に、ホームヘルパーが子どもをみることはできません。

産後ケア事業

お母さんと赤ちゃんとの新生活を支援する「産後ケア事業」を実施します。気軽にご相談ください。

対象(下記のすべてに該当する人)

  • 播磨町に住民登録のある産後4か月未満のお母さんと赤ちゃん
  • 家族から家事や子育てなどの十分な支援が受けられない
  • お母さんが体調不良や子育てに対して不安がある

医療行為が必要な方は利用できません。

ケアの内容

  • お母さんの心身の健康管理と生活に関する相談
  • 乳房のケアや相談
  • 赤ちゃんの発育や発達の確認
  • 沐浴や授乳など子育てに関する相談や指導など

利用できる種類・料金・期間など

宿泊・通所それぞれ7日以内で利用できます。

種類

利用料

 

一般世帯

町民税非課税世帯

生活保護世帯

宿泊サービス(1日あたり)

3,750円

2,500円

1,250円

通所サービス

1日(助産院のみ)

2,250円

1,500円

750円

通所サービス

半日(医療機関・助産院)

1,500円

1,000円

0円

  • 利用施設により、別途必要経費がある場合は、実費負担となります。
  • 宿泊サービス、通所サービス(1日)は食事の提供があります。

利用施設

加古川中央市民病院

奥産婦人科

関島産婦人科医院

ちくご・ひらまつ産婦人科医院

矢野産婦人科医院

大森産婦人科医院

かたしま・きたうら産婦人科医院

野の花助産所(神戸市西区)

ひなた助産院(神戸市西区)

まつだ助産院(加西市)

マナ助産院(神戸市北区)

ママとベビーの家(通所サービスのみ)(加古川市)

  • 通所サービスは、医療機関は半日、助産院は1日の対応になります。
  • 医療機関の利用は、その施設で出産された方に限ります。宿泊サービスは出産後の入院延長のかたちのみ対応します。

産後ケア案内(PDF:477KB)

問い合わせ

こども窓口079-435-0366

 

赤ちゃん相談

助産師や栄養士が、授乳や離乳食などについてアドバイスをします。

対象者

おおむね1歳未満の母子

実施日・場所

南部子育て支援センター(「わくわくさろん」の中で実施)

毎月第1水曜日の午前10時から午前11時

北部子育て支援センター(「ニコニコさろん」の中で実施)

毎月第2水曜日の午前10時から午前11時

実施日・場所については、変更することがあります。毎月の広報はりま「すくすく保健行事と相談」欄でご確認ください。

授乳相談(予約制)

「おっぱいは足りているのかな?」「ミルクはどれくらい足せばいいの?」「できるだけ母乳で育てたいな。」など、授乳について気になっているお母さんはたくさんいます。そこで、助産師がお母さんと赤ちゃんに応じた授乳のアドバイスをします。予約が必要です。

当日警報が発令している場合、相談は中止とさせていただきます。

対象者

おおむね1歳未満の母子・妊婦

(卒乳の相談もできますので、その場合は1歳以上でも受け付けます。妊婦さんの授乳に備えての相談も受け付けます。)

内容

  • 実際に授乳をしながら、抱き方や吸わせ方などのアドバイスをします。(授乳はせずに相談だけでも結構です。)
  • 赤ちゃんの体重測定や哺乳量測定をします。
  • 授乳回数やミルク量、乳房のケアの方法など、お母さんと赤ちゃんに応じたアドバイスをします。
  • その他、授乳について心配なことをお聞きします。

実施日

  • 平成31年年4月26日(金曜日)
  • 令和元年5月31日(金曜日)
  • 令和元年6月28日(金曜日)
  • 令和元年7月26日(金曜日)
  • 令和元年8月30日(金曜日)
  • 令和元年9月27日(金曜日)
  • 令和元年10月25日(金曜日)
  • 令和元年11月29日(金曜日)
  • 令和元年12月20日(金曜日)
  • 令和2年年1月31日(金曜日)
  • 令和2年2月28日(金曜日)
  • 令和2年3月27日(金曜日)

時間

午前9時30分から午後3時30分

予約が必要です。(個別相談1人30分)

予約の際はこども窓口(079-435-0366)にご連絡ください。

場所

福祉会館

実施日・場所については、変更することがあります。毎月の広報はりま「すくすく保健行事と相談」欄でご確認ください。

持ち物

  • 母子健康手帳
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ガーゼ(スタイ)
  • おむつ
  • (必要な方)授乳時に使用しているクッション
  • (必要な方)哺乳びん・粉ミルク・お湯など

注意事項

  • きょうだいを連れて来ていただいても結構ですが、託児はありません。
  • 授乳相談では乳房マッサージは実施していません。

産後の乳房ケア

ご利用は、出産1回につき1・2どちらか1回になりますのでご注意ください。

1.助産師がご自宅へ訪問し、乳房マッサージを実施します。

2.医療機関や助産所などで乳房マッサージを利用された場合は、かかった費用の一部助成を受けることができます。

1.助産師の訪問による乳房マッサージを希望する場合

対象者

産後1年未満の人

内容

乳房マッサージ

利用回数

出産1回につき1回

(助産師の訪問による乳房マッサージを利用された方は、医療機関や助産所などで乳房マッサージを利用した場合の助成申請はできません。)

費用

無料

(2回以上の利用を希望される場合は有料になります。)

申し込み

こども窓口に「播磨町産後サポート事業利用申請書」(PDF:124KB)を提出してください。(申請書は窓口にもあります。)

急なご利用が必要な場合は、お問い合わせください。

こども窓口079-435-0366

2.医療機関や助産所などで乳房マッサージを利用し、かかった費用の助成を申請する場合

対象者

産後1年未満に乳房マッサージを利用した人

助成対象

乳房マッサージ(保険適用外のみ)

助成回数

出産1回につき1回

(医療機関や助産所などで乳房マッサージを利用し助成申請をされた方は、助産師の訪問による乳房マッサージは利用できません。)

助成額

上限4,000円。

乳房マッサージにかかった費用が4,000円を下回る場合は、かかった費用を助成します。

申請期限

乳房マッサージ利用日から3か月以内に、こども窓口に申請してください。

必要書類

  • 播磨町乳房ケア費用助成申請書(PDF:119KB)(申請書は窓口にもあります。)
  • 朱肉を使う印鑑
  • 領収書(原本)
  • 母子健康手帳
  • 振込先の分かるもの(通帳など)
  •  

    Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    所属グループ:播磨町すこやか環境グループ

    住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

    電話番号:079-435-2611

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?