ホーム > 暮らし > 戸籍・住民の手続き > 外国人登録制度がかわります

ここから本文です。

更新日:2018年1月1日

外国人登録制度がかわります

平成24年7月から外国人登録制度がかわります。

外国人住民にも住民基本台帳法が適用されます

外国人住民の皆さんの利便性向上のため、一定の要件に当てはまる外国人住民の方には、日本人と同様に住民票が作成されることになります。

住民票を作成する外国人住民の方

  • 中長期在留者(在留カード交付対象者)
  • 特別永住者(特別永住者証明書交付対象者)
  • 一時庇護許可者または仮滞在許可者
  • 出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者

外国人登録証明書が切り替わります

現在お持ちの「外国人登録証明書」は、平成24年7月9日から一定の期間は「在留カード」または「特別永住者証明書」とみなされて有効ですが、下記の期間内に順次、切り替えていくことになります。

外国人登録証明書の切り替えについて

在留の資格

年齢

みなされる期間

申請する場所

特別永住者

16歳以上

  • 外国人登録証明書の次回確認(切替)申請期間が2015年7月8日までの方・・・2015年(平成27年)7月8日まで
  • 外国人登録証明書の次回確認(切替)申請期間が2015年7月9日以降の方・・・次回確認(切替)申請期間の始期の誕生日まで

播磨町役場

16歳未満

16歳の誕生日まで

永住者

16歳以上

2015年(平成27年)7月8日まで

入国管理局

16歳未満

2015年(平成27年)7月8日

または16歳の誕生日のいずれか早い日まで

それ以外の在留資格(特定活動を除く)

16歳以上

在留期間の満了日

入国管理局

16歳未満

在留期間の満了日

または16歳の誕生日のいずれか早い日まで

外国人登録法は廃止されます

外国人住民に住民基本台帳法が適用されると同時に、外国人登録法が廃止されます。

これにより、従来の「外国人登録原票記載事項証明書」を発行することができなくなります。

また、外国人住民の住民票には、最新の記載事項のみが移行されますので、外国人登録原票に記録されている履歴事項の証明書は、外国人の方から、直接、法務省へ請求していただくことになります。

関連情報

お問い合わせ

所属グループ:播磨町住民グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-2363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?