ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > こんなときは届出を

ここから本文です。

更新日:2022年3月10日

こんなときは届出を

交通事故にあったとき

交通事故など第三者から傷害を受けた場合や自損事故の場合も後期高齢者医療で診療を受けることができます。警察に届けると同時に、示談の前に必ず町への届出が必要です。

届出に必要なもの

  • 第三者行為による傷病届等
  • 被保険者証
  • 事故証明書

その他の届出

次のようなときは、保険年金グループに届出が必要です。

届出が必要な場合と届出に必要な書類

区分

届出が必要な場合

届出に必要なもの

後期高齢者医療に加入するとき

県外から転入したとき

後期高齢者医療負担区分等証明書、本人確認書類

生活保護を受けなくなったとき

保護停廃止証明書、本人確認書類

65歳~74歳の方で一定の障がいがあるとき

現在加入されている健康保険被保険者証、障がいの状態を明らかにできる書類

後期高齢者医療を脱退するとき

県外へ転出するとき

被保険者証

生活保護を受けたとき

生活保護開始決定通知書、被保険者証

死亡したとき

被保険者証、喪主の方の口座番号が確認できるもの、会葬お礼はがき等(葬祭を行ったことが確認できるもの)

障がい認定を受けている方で、障がい状態が非該当になったとき又は障がい認定の撤回の申請をするとき

被保険者証

その他

町内で住所が変わったとき

被保険者証、本人確認書類

県内(他の市町)で住所が変わったとき

本人確認書類(前住所地の被保険者証は転出手続きの際に返還してください。)

氏名が変わったとき

被保険者証(紛失された場合は必要ありません)、本人確認書類

被保険者証を紛失又は汚損したとき

お問い合わせ

所属グループ:播磨町保険年金グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-2581

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?