ここから本文です。

更新日:2020年2月12日

地域・世代間交流講座

豆まき会

令和2年1月31日(金曜日)総勢102人が参加して、豆まき会を開催しました。はじめに、母親クラブの人形劇サークルのお母さんたちによる紙芝居です。「節分ってなんだろう」という内容の手作り紙芝居で、みんなの心の中にいるかもしれない「泣き虫鬼」や「おこりんぼう鬼」たちが次々と登場してくるので、みんな真剣な眼差しで見入っていました。次に、節分で使う「大豆」をモチーフにした劇です。大人も子どもも楽しめる個性豊かな劇に、会場は大盛り上がりでした。劇を観たあとは、鬼のお面の制作をしました。ひとりひとりとても個性的な表情のお面ができあがりました。

おつきさまサークルの劇おにのお面を作る様子

作ったお面をつけて豆まきの練習をしていたところに、突然、大きな太鼓の音とともに、たくさんの鬼さんがホールの中に入ってきました。びっくりして泣いてしまう子もいましたが、豆を投げて頑張って鬼退治をしていました。なかなかやっつけられず困っていたところに、優しい福の神様が来てくださり、「豆まき」のうたを歌いながら、一緒に鬼退治をしてくれました。最後は、仲直りのしるしに「赤鬼と青鬼のタンゴ」をみんなで踊って、かわいい笑顔いっぱいの記念写真を撮りました。鬼さんや福の神様に変身してくださった民生委員さん、主任児童委員さん、地域の方々、「豆まき」という伝統行事を、子どもたちにわかりやすく伝えてくださったサークルのお母さんたちのおかげで、今年の豆まき会もにぎやかに楽しく終えることができました。ありがとうございました。

おにさん登場福の神様登場みんなで記念写真

クリスマス会

令和元年12月19日(木曜日)支援センターに来ているお友達、サークルさんをはじめ、地域の方々、民生委員さん、主任児童委員さん、蓮池幼稚園、蓮池保育園の年長組さん、総勢250人が集まり、クリスマス会を開催しました。オープニングはエンジェルボイスサークルさんによる「パプリカ」です。幼稚園、保育園のお友達が元気に歌って踊ってくれたので、小さいお友達も体を動かしとても盛り上がりました。

パプリカ

そして、おつきさまの劇「はらぺこなあおむし」、エンジェルボイスさんの歌では、地域の方々や園長先生たちと一緒に「ふるさと」を歌い、とても素敵な歌声にみんな癒されました。

はらぺこなあおむしエンジェルボイスふるさとほっこりちゃんが手遊び、英語の歌あそびをしてくれ、参加しているお友達も楽しみました。幼稚園・保育園の年長組さんは歌のプレゼントをしてくれました。

ほっこりちゃん英語の歌幼稚園のお友達保育園のお友達

チャーミングさんのベルの演奏の後、マラカスを作りました。作ったマラカスを鳴らしていると、どこからか鈴の音が聞こえてきて、白いおひげのサンタクロースとトナカイさんが「メリークリスマス」と言いながら、来てくれました。作ったマラカスを手に持って、サンタさんとトナカイさんとチャーミングさんとで「あわてんぼうのサンタクロース」を合奏しました。そして、サンタさんから、プレゼントをもらい、子どもたちはニコニコ笑顔でした。

チャーミングさんマラカス隊サンタクロースとトナカイみんなでポーズ

今日は参加してくださった方々のご協力でとても楽しいクリスマス会になりました。ありがとうございました。

孫育てプログラム「子育ちに!じぃじぃ・ばぁばぁは素敵なサポーター」

令和元年11月30日(土曜日)南部コミニティーセンターにて、NPO法人生涯学習サポート兵庫より、えのちゃんこと榎本英樹氏に来ていただき、孫育てプログラムを開催しました。当日はたくさんのおじいちゃん、おばあちゃんたちに参加していただき、お孫さんとのふれあいを楽しんでいただきました。普段の生活の中でおこる家族のエピソードをふまえ、どんな声かけが有効的なのか、祖父母だからこそできる関わり方など、実例をあげながら、わかりやすくお話ししていただき、おじいちゃん、おばあちゃんたちも、大きくうなずきながら、話を聞かれていました。おうちですぐに実践できる簡単な折り紙遊びも教えていただき、みんなで楽しい時間を過ごしました。このような祖父母支援事業をはじめて開催しましたが、たくさんの方が参加され、会場は大盛り上がりでした。参加してくださったおじいちゃんおばあちゃん、ありがとうございました。

孫育てプログラム開催みんなで楽しく歌うよおじいちゃんおばあちゃんと折り紙で遊んだよ

ハロウィーンパーティー

令和元年10月24日(木曜日)総勢114人参加の盛大なハロウィーンパーティーを開催しました。パーティーが始まると同時にオバケちゃんとかぼちゃオバケさんが登場。可愛いオバケちゃんとかぼちゃオバケさんと一緒に「おばけなんてないさ」の曲に合わせて踊ったり、手作り絵本の「go away!」を英語で読んでもらったりしました。次に、紙コップで作ったかぼちゃに、目や口、飾りのシールを貼って、ジャックオーランタンを制作しました。。最後に、ホールの中に隠れている折り紙のオバケを探して、ホールをさまよっているオバケちゃんに「trick or treat」と言って布で作ったアメちゃんをもらったら、魔女さんに、みんなが作ったジャックオーランタンに魔女の帽子をのせてもらいました。また、ハロウィーンのフォトブースで仮装をして写真を撮っているお友だちもいましたよ。ほっこりちゃん・いろおりんさん・ちょきりさん・ちくちくさんのニコニコの森クラブのサークルの皆さんのご協力で、ハロウィーンパーティーを楽しく過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました。

オバケちゃんとかぼちゃオバケさんが登場ほっこりちゃんの英語で絵本を読んでくれたよジャックオーランタンを作ろう魔女さんから帽子をもらおうハロウィーンのフォトブースで写真を撮るよ

ニコニコの森サマーフェスタ

令和元年8月29日(木曜日)ニコニコの森クラブの人たちと一緒に、サマーフェスタを開催しました。総勢147人参加の3部構成で、大変盛り上がった時間をすごしました。第1部は、小学生による紙芝居・絵本・国語の教科書などによる読み聞かせからスタートです。「小学生になると、こんなにも成長して、大勢の人の前で、上手に読み聞かせできるようになるんですね」とお母さんたちはとても感動されていました。続いては、各サークルのお母さんたちと幼稚園・小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんが担当するゲームコーナーを回って遊びました。アンパンマンのキャラクターがたくさんぶらさがっている百本引き「ようこのパン工場」・ちくちくサークルさん手作り「ボーリング」・お花、うさぎ、プードル、亀さんなど、色とりどりのたくさんの風船が並んだ「バルーンアート」・好きなアンパンマンのキャラクターにねらいをさだめて「おじゃみなげ」・ちょきりサークルさん手作り「フォトブース」。それぞれのゲームコーナーをまわってのスタンプラリーも楽しみました。第2部では、播磨町女性消防団による啓発劇「おしえてノラえもん」をみました。地震を想定してのお話で、小さな子どもたちにも大変わかりやすく、災害が起きた時の対処方法や、自分の身を守るための防災訓練も劇中に取り入れられていて、親子で防災について、しっかりと学ぶことができました。第3部は、ニコニコの森クラブの方々のご協力で、小さくなった衣類や、おもちゃ、本など、よければ使ってくださいという思いで、たくさんの品物があつめられました。それらを、参加しているみなさんでありがたくいただくという「よかったらどうぞ」の時間を設けることができました。1部、2部、3部全て、みなさんの多大なご協力のおかげで、とても盛大なサマーフェスタとなりました。ありがとうございました。

小学生による読み聞かせおじゃみなげで遊ぶボーリング遊びバルーンアートを楽しむフォトブースで撮影百本引きを楽しむ女性消防啓発劇防災訓練をしましたよかったらどうぞを開催

夏休み親子deダンス!!ダンス!!

令和元年8月5日(月曜日)シナプソロジー認定インストラクターの豊田友子氏に来ていただき、親子ダンスを開催しました。体と頭の柔軟からはじまり、親子でスキンシップをとりながら、ゆっくりと体を慣らしていきました。心も体もあたたまったところで、楽しい音楽に合わせてのダンスが始まったので、はじめて参加されたお母さんやお父さんたちも、無理なくダンスを楽しむことができました。播磨町在住の講師先生ということで、播磨町で子育てをする先輩ママとしての役立つお話も色々聞かせていただきながら、とても充実した楽しい時間を過ごすことができました。

みんなで柔軟体操シナプソロジーで頭の体操楽しいダンス

 

たなばたまつり

令和元年7月2日(火曜日)毎年恒例のたなばたまつりを開催しました。プログラム1番は、チャーミングさんによるベルの演奏とカップスの披露です。オープニングにふさわしく、息の合った素晴らしいカップスときれいな音色のベル演奏に会場の雰囲気が一気に盛り上がりました。プログラム2番は、ほっこりちゃんによる絵本の読み聞かせと英語バージョンの「キラキラ星」をみんなで楽しく歌いました。プログラム3番は、いろおりんさんの作品紹介です。大きな笹に飾る笹飾りは、いろおりんさんが作ってくださいました。小さな子どもさんがいる中、何か月も前から準備をして、きれいなたなばた飾りでホールを彩ってくれました。プログラム4番は、みんなで「織姫さまと彦星様」を作りました。今年度のテーマとしている「折り紙」で、大きな二層船を折り、そこにかわいい織姫・彦星が乗っている笹飾りです。プログラム5番は、ちょきりさんの作品紹介です。みんなが写真撮影ができるフォトブースを作ってくださいました。ちょきりさんもまだ小さな子どもたちがいながらの作品作りです。夏にぴったりのとても素敵なフォトブースを作ってくれているので、また撮影会の計画も立てていますので、楽しみにしていてくださいね。プログラム6番は、エンジェルボイスさんによる合唱です。コーラスのきれいな歌声が、ホールに響き渡っていました。最後は、民生委員さんと地域の方々と一緒に「世界に一つだけの花」と「たなばたまつり」を歌いました。たくさんの方々のご協力のおかげで、今年も盛大なたなばたまつりとなりました。ありがとうございました。

チャーミングさんのカップス披露たなばたまつりに参加ほっこりちゃんと遊ぶいろおりんさんの笹飾り紹介笹飾りを作る様子みんなの笹飾りちょきりさんのフォトブース紹介エンジェルボイスさんのうた民生委員、地域の方と一緒にみんなで七夕のうたをうたいます

 

パパ応援プログラム「親子の笑顔を見つけるあそびの玉手箱」

令和元年6月29日(土曜日)生涯学習サポート兵庫さんからよっしーが来てくださり、パパ向けの講座をしました。むかしながらの手遊びを今風にアレンジしたり、身体をいっぱい使って遊んだり、パパならではの大胆な遊びに発展していきました。最後にはスクリーンに映像を映しだし、絵本を読んでもらいました。大きな画面でとても見やすく、子どもたちも集中して見ていました。講座が終わり、家族の大切さとか、子どもの愛おしさを感じることができる講座になりました。そして、これから、パパ同士のつながりが広がっていけばいいなと思います。ぜひ、パパと一緒に支援センターに遊びに来てください。

パパとふれあい遊び手遊びスクリーンでの絵本の読み聞かせみんなでポーズ

 

 

親子でほっとひと息コンサート

令和元年5月30日(木曜日)長谷川麻寿美氏と大塚佐都子氏に来ていただき、バイオリンとピアノのコンサートを開催しました。小さな子どもと一緒だと、なかなかゆったりと参加できるコンサートがないということで、今回、途中で部屋の中を移動することや、曲に合わせて歌ったり、体を動かすこともできるコンサートにしてみました。子どもたちが大好きなアンパンマンやドラえもん、ジブリの曲が演奏されると、自然に歌声が聴こえてきて、会場は楽しそうな笑顔でいっぱいになりました。お母さんたちからも「コンサートに参加して、すごく癒されて、気持ちがリフレッシュしました」という感想をいただきました。普段、子育てで大忙しのお母さんたちにとって、優雅で穏やかな時間だったと思います。支援センターでは、様々な企画を計画していますので、みなさん、楽しみにしていてくださいね。

バイオリンとピアノの演奏演奏を聴いている様子楽しいコンサートの様子

お問い合わせ

所属グループ:播磨町北部子育て支援センター

住所:加古郡播磨町西野添2丁目10番34号

電話番号:078-944-0717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?