ホーム > コロナ禍において出産する母親への応援給付金について

ここから本文です。

更新日:2020年10月22日

コロナ禍において出産する母親への応援給付金

本町では、新型コロナウイルス感染症による暮らしや経済への影響を踏まえ、令和2年4月28日から令和3年3月31日までの間に生まれた新生児を抱える世帯に対して、新生児1人につき10万円を支給する「播磨町コロナ禍において出産する母親への応援給付金事業」を実施しております。

支給対象者には、出生日の翌月20日頃に本町からご案内差し上げます。

事業概要については以下のとおりです。

支給対象者・受給権者

支給対象者は、次のいずれにも該当する新生児です。

  1. 母が、新生児の出生日前日から給付金の申請をする日まで継続して、町の住民基本台帳に記録されていること。
  2. 母と同一世帯に属する者として町の住民基本台帳に出生を事由に記録されていること。
  3. 住民基本台帳に記録された日から給付金を申請する日まで継続して町の住民基本台帳に記録されていること。
  4. 母が生活保護法に基づく被保護者でないこと及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に基づく支援給付を受けていないこと。

受給権者は、支給対象者である新生児の母です。ただし、特別な事情がある場合は、この限りではありません。

給付金の額

支給対象者(新生児)1人につき10万円(支給は1回限り)

申請の流れ

1.記入例を参考に、申請書を記入する。

出生日の翌月20日頃に、本町から申請書を送付します。記入例を参考に、届いた申請書を記入してください。

2.申請者(新生児の母)の本人確認書類の写しを添付書類貼り付け用紙に貼付する。

申請者(新生児の母)の運転免許証やマイナンバーカード(顔写真が載っている面)、または健康保険証などの本人確認書類の写しを添付書類貼り付け用紙に貼付してください。

3.新生児の母であることが確認できる書類の写しを添付書類貼り付け用紙の貼付する。

母子手帳内の「出生届出済証明」のページの写しなど、新生児の母であることが確認できる書類の写しを添付書類貼り付け用紙に貼付する。

4.受取口座(新生児の母名義)が確認できる書類の写しを添付書類貼り付け用紙に貼付する。

新生児の母名義の通帳やキャッシュカード、またはインターネットバンキングの画面の写しなどの受取口座が確認できる書類の写しを添付書類貼り付け用紙に貼付する。

5.返信用封筒に、申請書及び添付書類貼り付け用紙を入れて郵送する。

必要事項を記入した申請書、必要書類を貼付した添付書類貼り付け用紙を返信用封筒に入れて郵送してください。

申請期限は、本町からご案内を差し上げる際にお知らせします。

支給時期

原則、申請日の属する月の翌月24日を予定(24日が土、日、祝日の場合は前営業日)

なお、申請書または添付書類貼り付け用紙に不備があった場合は、申請者に修正の電話連絡を行うため、支給までに時間がかかる場合があります。

支給日

令和2年10月23日支給

令和2年9月23日から令和2年10月14日の間に受付をした方

お問い合わせ

所属グループ:播磨町福祉グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-2362

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?