ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 幼稚園 > 幼児教育無償化 令和元年10月からスタート

ここから本文です。

更新日:2022年3月3日

幼児教育の無償化 令和元年10月からスタート!

幼稚園保育料は無償となります

令和元年10月1日から播磨町立幼稚園に通う3歳から5歳児(小学校就学前)のすべての子どもの保育料が無償となります。(幼稚園保育料とは別に実費として幼稚園で徴収されている費用(行事費など)は、これまでどおり保護者の負担となります。)

※保育料無償化のための申請は必要ありません。

要件を満たせば在園する幼稚園での一時預かり保育料が無償となります

共働き世帯の子どもなど保育の必要な3歳から5歳児(小学校就学前)までの子どもが対象となります。無償化の対象となるためには、施設等利用給付認定申請(一時預かり保育無償化の申請)を行い、町から「保育の必要性の認定(2号)」を受ける必要があります。認定を受けた場合、在園する幼稚園での一時預かり保育利用料は無償になります。

施設等利用給付認定申請(一時預かり保育無償化の申請)について

施設等利用給付認定申請(一時預かり保育無償化の申請)のために必要な書類は以下のとおりです。

  1. 子育てのための施設等利用給付認定申請書(法第30条の4第2号・第3号)
    ※お子様1人につき1枚必要です。
  2. 保育の必要性を証明する書類(父・母ともに必要)
    ※兄弟で同時申請の場合、勤務証明書など証明書類は原本1部で、それ以外はコピーでも構いません。

保育の必要性を証明する書類一覧(PDF:76KB)

申請書様式

子育てのための施設等利用給付認定申請書(PDF:453KB)

勤務(内定)休業証明書(PDF:276KB)

利用・継続に関する申立書(PDF:246KB)

介護・看護状況申告書(PDF:345KB)

診断書(PDF:83KB)

タイムスケジュール(PDF:231KB)

誓約書兼求職活動報告書(PDF:279KB)

 

提出先は教育委員会 教育総務グループです。町が審査・認定を行い、可否を「施設等利用給付認定決定通知書」等で通知します。

 

※審査に必要な場合、町が勤務先等に電話等で調査・確認することがあります。

※申請日以降の認定になりますのでご注意ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属グループ:播磨町教育総務グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目6番6号

電話番号:079-435-0533

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?