ホーム > 暮らし > 地域・コミュニティ > 播磨ゆめづくり塾 > 播磨ゆめづくり塾 塾生を募集します

ここから本文です。

播磨ゆめづくり塾塾生を募集します

播磨ゆめづくり塾とは

yume1010718-1播磨ゆめづくり塾は、まちづくりに関するテーマをもとに、住民の皆さん自らが研究・活動・提言などをしていただくことで、地域で活動するリーダーや団体を育成するための事業です。自由な発想と多くの人との交流を通して皆さんが自らの運営により研究・活動し、成果をまとめていただきます。

塾の活動は、まちづくりに関するテーマの応募者「塾長」が中心となって「塾生」と共に自主的な運営により活動を行います。

播磨ゆめづくり塾塾生募集について

「播磨町を素敵なまちにしたい!」という思いを持った塾長がリーダーとなって、夢のあるまちづくりにチャレンジするまちづくりの研究活動「播磨ゆめづくり塾」について、今年度、塾長と一緒に楽しく活動してくれる仲間(塾生)を募集します。

1みんなでつくろう。はりまの暮らし塾

塾長佐伯亮太

播磨町に越してきて5年が経ちました。また、このゆめづくり塾も3年目を迎えました。これまでに播磨町に関わりある方に集まってもらい、みんなで播磨町のことを語り合ったり、課題がどこにあるかを考えたりしました。その結果、播磨町は住めば都、本当に良いまちだということがわかりました。

一方で、播磨町に暮らす人のまちへの関心の低さも分かってきました。生活基盤もサービスも整いすぎていて不自由がないからこそ、自分からまちに関わる必要がないような気さえします。

一緒に、まちのお宝を探してみませんか。

今年は、播磨町について考える「まちづくりカードゲーム」を作ってみようと思います。小学生から大人まで、遊びながらまちのことを考えられるゲームです。ゲームができてから遊ぶのはもちろんですが、ぜひゲームを作る過程に参加してください。みんなでまちのお宝を探しながら、ゲームを作って遊んでみましょう!ゲームづくりをきっかけに、まちのことを少しでも考えるきっかけになれば良いなと思っています。参考にするのは尼崎市で開発されたアマガサキトゥザフューチャー2※というゲームです。

具体的な参加は2通りあります。途中で入れ替わっても構いませんので、たくさんの参加をお待ちしてます!

1.カードゲームづくりに楽しく参加する

月に1回、2時間ほどあつまって試作版カードゲーyume010718-2ムで遊んでみます。「もっとこんなお宝カードが必要」や、「こんな「聞いてカード」が必要など」、実際に遊びながらワイワイガヤガヤゲームづくりに参加しましょう。

2.カードゲームづくりにがっつり参加する

月に1回の試作版カードゲームのために、播磨町のお宝カードづくりをおこないます。イラストを書いて厚紙に

印刷したり、紙を切ったり、アイデアを出しながら作業します。

アマガサキトゥザフューチャー2とは?

尼崎で暮らす人からの「きいて」というおなやみに、まちのお宝を組み合わせて「おせっかい」するカードゲーム「アマガサキトゥザフューチャー2」略して「ATTF2」。地域社会への当事者意識の向上のためのプログラムとして、学校の先生や地元の人たち、公民館の職員など、さまざまな方の協力で2018年に開発されました。「まちの身近な課題を、地域の一員として自分ならどうするか…。」難しく聞こえますが、ゲーム感覚で子どもから大人まで楽しく考えられるカードゲームです。(対象年齢は概ね小学校高学年以上です)小学校、中学校、高校、地域での集まりなど、様々な場でプレイされています。

(尼崎市ホームページより引用)

申し込みの方法

あなたの氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください。

  • 塾長佐伯亮太
  • 電話番号050(5318)4792
  • Eメール:saeki.r@oneroof.co.jp

 

お問い合わせ

所属グループ:播磨町企画グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-0356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?