ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種 > おとなの予防接種 > 延長します!風しん予防接種費用の助成

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

延長します!風しん予防接種費用の助成

平成30年に、20歳代から40歳代の男性等の間で風しんが流行しました。

妊婦が風しんにかかると、生まれてくる子どもが先天性心疾患や難聴・白内障などの先天性風しん症候群にかかる可能性があります。そのため、女性が安心して妊娠・子育てできるよう、風しんの予防接種費用の助成を継続して行います。

接種を希望される方は、必ず事前にすこやか環境グループにて助成券発行の手続きを行ってください。接種後の返還はできませんのでご注意ください。

助成対象

播磨町民で接種を希望する方

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に対する風しんの追加的対策があります。

対象となるワクチン

下記ワクチンのいずれか一方のみが対象です。

  • 麻しん風しん混合ワクチン
  • 風しん単独ワクチン

助成額

上限5,000円

  • 5,000円を超えた金額を指定医療機関でお支払いください。
  • 接種費用が5,000円以下である場合は、実際に支払われた接種費用が助成の上限となります。

助成期間

平成31年(2019年)4月1日から令和2年(2020年)3月31日

接種場所

播磨町・加古川市・稲美町の指定医療機関

風しん予防接種指定医療機関一覧(PDF:141KB)

手続き方法

すこやか環境グループ窓口または郵送にて申請書を提出してください。

手続きに必要なもの

  • 朱肉を使う印鑑
  • 窓口に来られる方の本人確認できるもの

代理申請の場合

  • 窓口に来られる方の朱肉を使う印鑑
  • 窓口に来られる方の本人確認できるもの
  • 委任状(PDF:69KB) 

郵送の場合

  • 申請書
  •  本人確認できるものの写し

注意点

  • 妊娠中の方は接種できません。
  • 女性は、接種前1か月、接種後2か月は避妊する必要があります。
  • 助成券を窓口で提出されない場合は、助成できません。接種後の返還はできませんのでご注意ください。
  • 平成25年度以降に播磨町の助成を受けて接種された方は、助成の対象にはなりません。

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属グループ:播磨町すこやか環境グループ

住所:加古郡播磨町東本荘1丁目5番30号

電話番号:079-435-2611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?