ここから本文です。

更新日:2018年7月12日

わくわくの森”トピックス30”

わくわく広場

平成30年6月28日(木曜日)午前10時30分から11時15分

6月のわくわく広場は、河村先生に来ていただいてリトミック遊びをしました。

前半は、芝生広場でフープで電車ごっこや、トンネルくぐりをしたり、傘袋の風船を飛ばして遊びました。

わくわく1わくわく2

後半は、お部屋の中で、楽器あそびをしたり、パネルシアターや布の紙芝居を見ながら、「とんでったバナナ」や「カレーライス」の歌を楽しみました。親子で、いろいろな遊びを体験できました。楽しかったですね。

わくわく3わくわく4わくわく5

次回のわくわく広場は、9月27日(木曜日)を予定しています。ぜひ、参加してくださいね。

芝生広場でお弁当を食べよう!

平成30年6月1日(金曜日)午前11時30分から12時30分

前日の雨も、すっかり止み、青空のもと、たくさんの親子が、芝生広場に集まりました。

思い切り走り回った後に、みんなで「あひるのダンス」を踊ったり、「おべんとう」の絵本の見ました。

絵本の読み聞かせ1絵本の読み聞かせ2お弁当を食べよう1

手を合わせて、「いただきます」のご挨拶をした後は、子どもたちが、待ちに待ったお弁当の時間です。おにぎりや、サンドイッチを嬉しそうにほおばっている姿が、あちらこちらで見られました。

「いつもは、あまり食べないのに、今日はたくさん食べてくれました」と、お母さんが、とても嬉しそうにお話ししてくれました。

親子で、気分転換ができ、楽しい時間とになりました。

 

わくわく広場で絵の具を使った制作をしました!

平成30年5月24日(木曜日)午前10時30分から11時15分

今年度1回目のわくわく広場を開催しました。福井先生に来ていただいて、絵の具を使って制作をしました。まずはじめに、「ぺたぺた」の絵本を見ました。手形が木の葉や鳥に変化する楽しい絵本に、子どもたちは興味津々でした。

絵本の後は、いよいよ制作です。画用紙を手でちぎって、のりで貼って木を作りました。そこに絵の具で手形を押して、木の葉をつけていきました。中には、木ではなくライオンなどにみたてる子どもたちもいました。家庭では触る機会の少ない、のりや絵の具の感触を楽しみました。少し苦手な子どもたちもお母さんの手を借りて、素敵な作品ができました。

絵本を見る子どもたちのりで画用紙を貼る子どもたち手形を押す子どもたちシールを貼る子ども子どもたちの作品

次回のわくわく広場は、6月28日(木曜日)午前10時30分からです。申し込みは不要ですので、直接センターにお越しください。

 

 

お問い合わせ

所属グループ:播磨町南部子育て支援センター

住所:播磨町北本荘3丁目2番31号

電話番号:079-437-4188

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?